ココナッツオイルが美容に優れてる

ココナッツオイルが美容に優れてる

美容担当 盛武京子

LiFEの美容面でのおススメは私がご説明致します。

 

当社が扱いますオイルは全て、生産から、製造、輸入まで一貫してご提供出来る。

厳選したオイルのみをご案内させて頂いております。そして基本的に「食用」として取り扱っております

当社LiFEのコンセプトの一つでもある。

「赤ちゃんからお年寄りまで安心して

口にしても安全な商品を」golden_1L

食して良いモノを、お肌へ・・・美容効果も高める安全なオイルをご紹介致します。

まず、オイルについてのデメリットもご説明

どうやって美容オイルを利用していいのか?わからない?

ちょっとオイルを美容に使うとなると上級者のように感じますよね

また「オイル」はヌルヌルするとか、「オイル」はお肌に負担がかかるのでは?

お化粧品の代用に出来るの?などさまざまな不安はあるか?と思われます。

 

敏感肌の方がオイルの原液を使われると少し「チクチク」「チカチカ」した感じがするとおっしゃる方も

いらっしゃいます。そこで乳液などオイルと水を合わせて使用感をよくしてますが

そもそも乳液などのお化粧品の中に入ってるオイルと水は混ざり合わない為「乳化剤」を

混ぜ合わせてなめらかは感触をだしております。これによりオイルオンリーより使用感が良いと

言われておりましたが、「これも使用感を重視する為のモノ」

そもそも乳化剤にアレルギーを持つ方もいらっしゃいます。

 

「乳化剤」とは・・・

「油と水のように互いに混合しない2種の液体を,安定したエマルジョン (乳濁液) にさせる第三の物質。一般には,1つの分子中に親水性原子団と親油性原子団の両方をもったものが多い。界面活性剤などが多く利用されている」YAHOOコトバンク引用

オイルは酸化する??劣化が早い?

空気に触れると「酸化しやすいオイル」と「酸化しにくいオイル」があります。

劣化しやすいオイルは、空気に触れると酸化が始まり、「独特の匂い」を発することがある

実はこれが「1番のデメリット」だと私は思います。

食べるにしても、お化粧品にしても酸化したオイルがお肌に良い訳がありません。

ですから、「酸化しくいオイル」を選ぶことです。当社が推奨しております「オイル」はどれも

もっとも酸化しにくいオイルを、原料から製造まですべて厳選して作っております。

 

では、市販のお化粧品はどうなのでしょうか??

一般的に全てのお化粧品の中には{無添加でない限り}、常温で長期間保存できるように防腐剤や保存料などが使われています。当社の天然オイルには一切そのようなモノは入っておりません。

■美容目的のオイルについて■

食せるモノは、美容にも使いたい!むしろ、食せないモノをお肌に使っても大丈夫??

 

オーガニックで食用のオイルとして利用されるオイルを美容オイルとして利用されるべき!

では、どのような方に「美容オイル」をおススメするべきか?!

life_coco_headB

年齢による全身のお肌のうるおい不足

目元、口元がシワシワ、カサカサでハリがない。

お肌の色が、くすんでる。

お顔全体の手触りがガサガサして、小鼻の周り、頬など毛穴が開いている。

乾燥がひどくて、美容液や乳液を塗っても塗っても足りない。

お昼過ぎに鏡を見たら、細かいシワと化粧割れしている。

 

それは「皮脂不足」です。

お顔の脂分であるのが「皮脂」です。年齢により皮脂が少なくなると「お肌のフタ」かわりがなくなり

どんどんお肌から水分が蒸発するのです。

t02200354_0677108813221522759[1]

30歳代から必要となってくる「お肌のフタ、皮脂」をキープする!そこで必要となってくるのが

「良質な美容オイル」なのです。そこで当社LiFEのオイルを使って美容オイルに!!

原料にこだわる。産地にこだわる。製造工程にこだわる。安全性にこだわる。生産者が見えることにこだわる。

そういったひとつ、ひとつの大きな「こだわり」によって消費者様に安心して使ってほしい。

slider02

全てがクリアーに見える食用のオイルを、

美容オイルに!一番のこだわりは全てがクリアーに

お見せする事が出来るというメリットです。

原料から輸入まで全てLiFEが一貫して取り扱うこと。

そこに、ゆるぎないこだわりと安全で安心を推奨する事が出来ます。life_logo